1. HOME
  2. ブログ
  3. 飛距離アップレッスン日本一決定戦を開催しました。

飛距離アップレッスン日本一決定戦を開催しました。

2019年10月12日〜13日(14日は懇親ラウンド)で
日本一の飛距離アップレッスンプロを決定する飛距離アップレッスン日本一決定戦が
鹿児島の三豊ゴルフクラブで行われました。

飛距離アップレッスン日本一決定戦とは

1名のレッスンプロが3名のアマチュアゴルファーを受け持ち、
初日:Before飛距離計測・レッスン
最終日:レッスン・After飛距離計測
のたった2日間で行うレッスンを行い、伸びた飛距離の平均を競う競技です。

2日間のレッスンと言っても実際は1日2.5時間ほどのレッスンです。

合計「約5時間のレッスン」で、シュミレーションではなく「実測の飛距離計測」で、しかも「平均飛の距離」を競うこの競技。
ゴルフレッスンの中でも最高峰の難易度を誇るレッスンとなります。

優勝賞金は100万円。

昨年は小林史プロが平均飛距離アップ40.5ヤードを実現し、優勝しました。

2019年度の模様は以下からご覧ください。

⬛️初日

⬛️最終日

⬛️番外編(黒田カントリークラブレッスン)

結果

チーム

そして、2日間のレッスンの結果。

優勝は、梅野 悌彦プロ +26.5ヤードでした。

アゲインストの吹く中、チームメンバーの飛距離をたった2日間のレッスンで+26.5ヤードを上げた梅野プロには賞金100万円が贈られます。

個人

参加者の中で、もっとも飛距離を伸ばした方には、最長飛距離賞が贈られました。

重中 政信さん(+38ヤード )

たった2日間で実測平均飛距離を伸ばす、飛距離アップレッスン日本一決定戦。
来年もご期待ください。

特集