競技ルール

プロドラコンツアーについて

ゴルフは、ただ飛べばよい!という競技ではありません。
スコアにつなげるには、飛距離+正確性が必須です。

長年のゴルファーの憧れである、「より遠くへ、より正確に」を追求する、JPDA プロドラコンツアーでは、従来のドラコン(ロングドライブ競技)に比べて圧倒的に厳しいルールを採用しました。

持ち玉6球のうち、フェアウェイ幅に静止させた上位3球の平均飛距離によって記録が争われます。
大会で上位を狙うには300ヤード以上の飛距離に加えて、フェアウェイ幅内に複数球ショットを放つための正確性が求められます。

競技ルールについて

競技の開始と終了競技の開始(タイマースタート)は、規定数のボールを見える状態で地面に置き3名(1名・2名)の選手がティアップを済ませ、それぞれ選手紹介が終了した時点からとする。
終了は規定数の持ち球の消化もしくは規定時間の終了の何れか早い方とする
測定エリアフェアウェイ幅を有効計測幅とする。
※ロケーションが打ち下ろしの場合、グリッド幅を広げる場合がある
有効計測ボールの静止位置がフェアウェイ内とする(フェアウェイ外からフェアウェイ内に停止したボールは有効計測とする)人工物(カート道等)の跳ね返りにより停止したボールは除く。
※規定時間内に持ち球を打ち終えなかった(インパクトが出来なかった)球は測定外とする
最低計測飛距離レギュラーディビジョンは250yd(境界線上のボールも含む)
レディースディビジョンは180yd(境界線上のボールも含む)
シニアディビジョンは230yd(境界線上のボールも含む)
※強風や悪天候等の場合は基準を引き下げる場合がある
最低計測飛距離の変更について風の影響により、大きな縦距離の変化が伴うため、当日の風の状況により、最低計測飛距離(縦距離)を変更することがある。
【フォロー時】
風速3m/sのフォローの場合、縦距離を5ヤード長くする
風速6m/sのフォローの場合、縦距離を10ヤード長くする
風速9m/sのフォローの場合、縦距離を15ヤード長くする

【アゲインスト時】
風速3m/sのアゲインストの場合、縦距離を5ヤード短くする
風速6m/sのアゲインストの場合、縦距離を10ヤード短くする
風速9m/sのアゲインストの場合、縦距離を15ヤード短くする

表記以上の風速の場合、風速3m/s毎に5ヤードの飛距離を変動させる。

使用用具について】

使用ドライバーヘッド・SLEルール適合ヘッド(CT値257以内)を使用すること

・R&A/USGA発行の「適合ヘッドリスト」に掲載されていること
※原則、適合申請中ヘッドは使用出来ない

・適合ヘッドはR&Aオフィシャルサイト上でご確認できます
※適合ヘッドの確認はサイト上から、個人で問い合わせすることもできます

R&A Championships Limited、Company Conforming-Driver-List
・大会により、反発係数測定を行う場合がございます

使用クラブ全長・クラブを水平に置き、60度法計測でグリップエンドまでが48インチ以内とする。
(※ヒールエンド計測法での48インチのクラブは使用不可となる可能性がございます。)
使用ボール・公認球であれば、各選手は自由にボールを選択できる
※但し、カラーボールは1ステージ1種類1色とする
使用ティー・長さは、4インチ(101.6 ミリメートル)以下とする
※手作りのティーは使用不可とし、ティーに紐やゴムなどの装着は不可とする

順位の決定について

・有効計測打4球の平均飛距離で決する
・有効計測打3球の平均飛距離で決する
・有効計測打2球の平均飛距離で決する
・有効計測打1球の飛距離で決する
・記録なし
※平均飛距離が同一の場合、最長飛距離の記録が上のものを、上位順位とする。

例) オープンディビジョン
Aプロ 260ヤード 260ヤード 260ヤード 260ヤード ▶︎ 平均飛距離 260ヤード
Bプロ 300ヤード 300ヤード 300ヤード ▶︎ 平均飛距離 300ヤード
この場合、平均飛距離は、Bプロが出ているが、有効計測球の記録がないため、Aプロの勝ちとなります。