ヘッドスピードトレーナー認定講習

月収 100万を超えるトレーナー多数!

飛距離アップ専門トレーナー 育成プロジェクト!

現在、ヘッドスピードトレーナー(HST)の有資格者は80名を超え、飛距離に悩むゴルファーがその悩みを解消するために、最も重要な要素「ヘッドスピードをあげる!」ことを専門とした、ヘッドスピードアップ専門のトレーナーの資格となります。

ゴルファーのほぼ全員が「今よりも飛距離を伸ばしたい!」と考え、飛距離アップに対するニーズは世界中で非常に高いことは周知の事実です。

通常、ゴルフのレッスンプロの平均月収は約16万円弱と言われていますが、飛距離アップレッスンを専門としたヘッドスピードレッスンを専門に行なっているトレーナーの平均月収は約45万円強と、ゴルフレッスンに比べて約3倍にもなっております!

全国各地でHSTの需要は高く、月間ゴルフダイジェストで特集も組まれました!

月間ゴルフダイジェスト(2017/08)にて、JPDA飛距離UPメソッドの一部が公開されました!!たった1時間のレッスンで、アマチュアゴルファーたちのヘッドスピードを7m/sあげたことで、その反響から、飛距離アップレッスンは、予約・お問い合わせが殺到しています。

最大ヘッドスピードアップは、10.5m/sにもなりました!

5人のアマチュアが、わずか1時間でヘッド速度7m/sアップ

HST資格取得後、経営が急上昇!

元々、室内練習施設を経営していたが、経営が厳しい状況の中、HST資格を取得し飛距離UPに特化したレッスンを始めたことで、廃業寸前の経営を復活させることができました!

レッスン収入 月収100万円越え!

協会からヘッドスピードレッスンの開催などにより、トレーナー資格者へ収入が増えるようにレッスン業務の依頼を行っています!
月収100万円を超えるトレーナー資格者も複数人おり、レッスンを通しての収入を増やすことに成功しています。

協会からの依頼について(一部 / 例)

  • グループ形式のヘッドスピードレッスン
    メイン講師の場合
    半日のレッスン 手当 20,000円
    ヘッドスピードレッスンは、月4回のため
    手当 20,000円 × 4回 = 80,000円
    例)現在行なっている、東京校(2日開催)の場合、
    半日手当 20,000円 × 2日間 × 4週 = 1ヶ月 160,000円
  • グループ形式のヘッドスピードレッスン
    アシスタントの場合
    半日のレッスン 手当 5,000円
    例)現在行なっている、東京校(2日開催)の場合、
    半日手当 5,000円 × 2日間 × 4週 = 1ヶ月 40,000円
  • マンツーマンによるパーソナルレッスン(3月から全国開催)
    1人の受講生に1回 50分のレッスンを4回(1ヶ月内)にかけて開催
    1生徒につき 30,000円
    例) 生徒数 12名の場合、
    1生徒 30,000円 × 12名 = 1ヶ月 360,000円

その他、各自でトレーナーの資格を活かして、全国各地で飛距離アップレッスンを行なっています!

飛距離アップイベントへの参加も!

企業様などのゴルフコンペなどで、参加者の飛距離を伸ばすレッスンイベントとして、出演依頼のオファーがきます!
※ギャランティーはイベントや地域などによって異なります。

飛距離アップレッスン日本一決定戦で
優勝し、賞金 100万円を獲得!

昨年、鹿児島県・三豊ゴルフクラブにて開催された「第2回 飛距離アップレッスン日本一決定戦」にて、当時24歳の小林 史プロが、平均飛距離アップ「40.5ヤード」を記録し、優勝賞金100万円と、副賞として動画出演料20万円を手に入れました!

大会の様子はこちら(※ゴルフ用品界 GEWページへのリンクとなります。)

10分間ヘッドスピードアップレッスン

10分間でのヘッドスピードアップを、ジャパン ゴルフフェア2018で行い、3日間の参加人数は約150名となりました。

その様子をYouTubeでもライブ配信しておりましたが、ご参加頂いた全ての方のヘッドスピードアップに成功しています。

10分間のレッスンで最大ヘッドスピードアップは、なんと12.6m/sにもなりました!

データで見るHSTの実力!

過去、行ったグループレッスンでは、256名(2018年9月1日時点)が4回のレッスンをご受講頂きました。
レッスンを受ける前の平均ヘッドスピードは43.0m/sでしたが、レッスンを受けた後では平均ヘッドスピードは49.5m/sとなっており、受講前と受講後では、平均ヘッドスピードは6.5m/sアップしていることになります。

ヘッドスピード1m/sを飛距離に換算すると約5.5ヤードと言われております。

ヘッドスピードが6.5m/s速くなっているということは、実際の飛距離に換算すると、約36ヤードの飛距離アップとなります。

グループレッスンとは別に、個別レッスンも行っており、協会には、4回の受講後のご報告をいただいており、述べ1,000名以上となっております。

ヘッドスピードの原理・原則を元に、
飛距離を伸ばす知識・スキルを習得!!

ヘッドスピードトレーナ認定講習の内容は、1,000人以上の飛距離アップ専門レッスンを行う中で、日本では数少ない、ゴルファーを短時間で飛距離アップをさせることができる、「JPDA飛距離UPメソッド」を松谷 伸次ヘッドコーチにより考案されました。

飛距離アップレッスンを行う中で培ってきた、飛距離アップの中でも最も重要なヘッドスピードを短時間で劇的に上げる、ヘッドスピードアップレッスン法を指導します。

※飛距離に自信の無いゴルファーでも、講習時間内に飛距離アップできますので、どなたでも飛距離アップに興味さえあればご参加頂けます。
※女性でも、ご参加頂けます。

ヘッドスピードトレーナー 認定講習

講義内容

  1. ヘッドスピードの原理 (講習)
  2. ヘッドスピードが速い人・遅い人の共通点 (講習)
  3. ヘッドスピードを出せるスイングリズム選定 (実技)
  4. ヘッドスピードを上げる練習法 (実技)
    ヘッドスピードが上がるアドレスの作り方
    ヘッドスピードが上がるエネルギーの出力法
    ヘッドスピードが上がる動体視力活用方
    ヘッドスピードが上がる家庭練習法
  5. ヘッドスピードを上げる神経言語プログラム(NLP) (講習・実技)

受講費用

一般 100,000円(税別)
JPDA会員 80,000円(税別)

お持ちいただくもの

  • 筆記用具 / メモ
  • 練習に適した服装
  • ドライバー

取得資格

一般社団法人 日本プロドラコン協会 ヘッドスピードトレーナー (HST)

HST取得後

全国の飛距離に悩むゴルファーへ、飛距離を還元する活動を行って頂きます

※1 パーソナル飛距離アップレッスン
※2 飛距離アップレッスン(有料)や、トークショー等
※3 飛距離アップレッスンの料金は、協会が定めた金額に従って頂きます
※4 飛距離アップレッスンを行う場合、アマチュア資格は失います

発行物

  • ヘッドスピードトレーナー認定証
  • ライセンスIDカード
  • 名刺(100枚) / 年度更新毎に発行

登録費

30,000円(税別)

※初回のみ/JPDA会員は必要ありません。

年会費

10,000円(税別)
※パーソナルレッスン登録は別途費用がかかります。

現在募集しているHST認定講習

4月14日(日)関東・東京都

詳しくはこちら!

九州・福岡

福岡では受講希望者がいらっしゃいましたら、随時開催しております。
お気軽に協会事務局へお問い合わせください。(TEL 092-915-7028)

関連記事

5人のアマチュアが、わずか1時間でヘッド速度7m/sアップ
1回 50分のレッスンを4回数受けただけでヘッドスピード50m/sオーバーが9割出たレッスン!!