1. HOME
  2. ブログ
  3. 2023年度 階級制 各階級の計量について

2023年度 階級制 各階級の計量について

各階級の計量について

【計量方法】(年間通)
・着衣状態で、各階級「プラス1Kg」までを許容範囲とする。(脱衣も可)
※ただし、上下の下着は着用する事

例) 男子オープンウェルター級78Kg未満の計量
着衣状態「78.9Kg ⭕️」「79.0Kg ❌」

・女子の計量は女子が行うものとする。

・大会が複数日連続して行われる場合、出場試合が2日目以降であっても、初日の計量も可とする。

・1日目プロドラコンツアー、2日目タイトルマッチの場合も、1日目のプロドラコンツアー時に計量可とする。

・試合前日に、設営等関わった者は、その当日計量可とする。

・前日、前々日等の計量後に重量オーバーの場合は、試合当日受付時まで再計量する必要がある。

・試合のエントリー後、重量オーバーによる階級変更は可とする。(試合当日含む)

・2階級以上のエントリーに於いて、重量オーバーによる出場不可の場合、その未出場分のエントリーフィーは、次大会以降のプロドラコンツアーを含むエントリーフィーに充填する事ができ、2023年度(2024年度以降は未定)は返金は行わないものとする。
例)男子オープン
①ウェルター級 エントリー
②無差別級   エントリー

このダブルエントリーの状態で、計量時に着衣状態で79Kg以上になった場合、出場可能は無差別級のみとなり、ウェルター級は重量オーバーで出場ができないが、ウェルター級に支払ったエントリーフィーは、次大会以降のエントリーフィーに充填することになる。

特集