– JPDA – 一般社団法人日本プロドラコン協会

ルール

ライセンスについて

プロテスト 定期的に行う
ライセンス取得 男性・女性、それぞれA級・B級・C級の3つのライセンスに分かれる
昇格 原則として、各ライセンスへの昇格は、プロテストもしくは、本選大会の実績により決定される
JPDA主催の大会で、優勝もしくは入賞した場合、以下の通り昇格する
1.A級ライセンス以下の者が、優勝した場合、A級ライセンスへ昇格できる
2.A級ライセンス以下の者が、入賞した場合、1ランクアップできる
3.アマチュアが優勝した場合は、プロテストの実技は免除とする
その際の取得ライセンスはB級ライセンスもしくは、C級ライセンスとする
(※優勝翌日から3ヶ月以内に申請をすること)
降格 年間を通して、試合(予選会含)にて、以下の結果を残せなかった場合は、降格となる
1.A級ライセンス保持者で、平均飛距離300yd以上
2.B級ライセンス保持者で、平均飛距離280yd以上
※A級ライセンス保持者であっても、平均飛距離280yd以下の場合、もしくは、記録無しの場合は、C級ライセンスに降格となる

プロライセンス階級と取得方法

ライセンス 条件
A級ライセンス
(レッスン不可)
1.B級ライセンス所持者で、本選大会にて入賞した者
2.C級ライセンス所有者で、本選大会にて優勝した者
B級ライセンス
(レッスン不可)
1.C級ライセンス所持者で、本選大会にて入賞した者
2.アマチュアで、本選大会にて優勝した者
3.JPDAプロ推薦者
(但し、予選会にて男子はAve280yd以上、女子はAve220ydを記録した者)
4.実技審査で、計測器の飛距離が下記の条件をクリアした者
・男子は、280yd以上
・女子は、220yd以上
C級ライセンス
(レッスン不可)
1.アマチュアで、本選大会にて優勝した者
2.JPDAプロ推薦者
(但し、予選会にて男子はAve260yd以上、女子はAve200ydを記録した者)
3.実技審査で、計測器の飛距離が下記の条件をクリアした者
・男子は、260yd以上
・女子は、200yd以上
実技試験について
※計測機にて規定の数字をクリアすること
※5球の記録を撮影したデータを協会本部に写真・動画を添付してメールすること
※計測器は、ユピテル ゴルフスイングトレーナー GSTシリーズを推奨

【プロコーチライセンスについて】

当協会はJPDAツアープロのレッスンを原則承認しておりません
但し、JPDAツアープロとは別に、JPDAプロコーチ認定カリキュラムを設け、JPDAプロコーチライセンスには、A級ライセンスとB級ライセンスがあり、飛距離アップレッスンを行うことができます
詳しくは、協会までお問い合わせ下さい

レギュラーツアールール

予選 予選はグループ競技となり、選手の比率を各グループにできる限り均等となるように振り分ける
予選競技は、6名〜を1つのグループとして行い、各グループ上位2名が決勝進出とする
3名で1分45秒4球同時打ちをファーストステージ、セカンドステージの2回行い、有効計測打の上位3球の平均飛距離により順位を決定する
敗者復活戦 敗者復活戦は、3名で2分5球同時打ちとし、有効計測打の上位2球の平均飛距離により順位を決定し、敗者復活枠の人数が決勝に進出することができる
※敗者復活枠は大会により異なる
決勝 決勝はトーナメント競技となり、2名で2分5球同時打ちとし、有効計測打の上位2球の平均飛距離により勝敗を決定する
優勝決定戦・3位決定戦は、時間無制限・交互打ちで、8打中上位3球の平均飛距離により勝敗を決定する

レディースツアールール

予選 レギュラーツアーと同様
※参加人数により、大会毎にルール変更する場合がある
敗者復活戦 レギュラーツアーと同様
※参加人数により、大会毎にルール変更する場合がある
決勝 レギュラーツアーと同様
※参加人数により、大会毎にルール変更する場合がある

※両選手の同等の記録もしくは、両選手記録無しの場合、1球毎のサドンデスを行う

賞金について

入賞賞金 【レギュラートーナメント】
大会2週間前の発表とする
【レディーストーナメント】
大会2週間前の発表とする
【シニアトーナメント】
大会2週間前の発表とする
【グランドシニアトーナメント】
大会2週間前の発表とする
【その他】
アマチュア選手は、アマチュア規定により賞金に該当しない
賞金支払日 賞金は大会月の翌月末に指定の口座に支払うこととする

用具ルール

使用ドライバーヘッド SLEルール適合クラブヘッドを使用
R&A/USGA発行の「適合ヘッドリスト」に掲載されていること
※適合申請中ヘッドは使用出来ない
適合ヘッドはサイト上でご確認できます
適合ヘッドの確認はサイト上からお問い合わせすることもできます
※反発係数測定は行わない

使用クラブ全長 クラブを水平に置き、60度法計測でグリップエンドまでが48インチ以内となりますので、下記の60度計測法を参考にしてください(※ヒールエンド計測法では使用不可となる可能性がありますのでご注意ください

使用ボール 公認球であれば、各選手は自由にボールを選択できる
※但し、カラーボールは1ステージ1種類1色とする
※プロはホワイトボールのみとする
※アマチュアはカラーボールのみとする
※回収します(選手には返還しない)
使用ティー 長さは、4インチ(101.6 ミリメートル)以下とする
手作りのティーは使用不可とし、ティーに紐やゴムなどの装着は不可とする

競技編

試合日程 原則として1試合2日間で開催する
(1日目はレギュラーツアー、レディースツアー共に予選を行い、2日目は敗者復活戦及び、両ツアーの決勝を行う)
組み合わせ 大会毎に異なる
敗者復活戦 最終日に行う
敗者復活戦からの当日1日エントリーも受け付ける(エントリーフィは別途記載する)
キャディ 原則として、必ずキャディを付けること
※帯同キャディ(10才以上)を認める
※選手間で行っても良い
競技時間と打球数 ツアールール参照
※意図するスイング(空振り)は、1打とみなす
競技の開始と終了 競技の開始(タイマースタート)は規定数のボールを見える状態で地面に置き3名(1名・2名)の選手がティアップを済ませ、それぞれ選手紹介が終了した時点からとする
終了は規定数の持ち球の消化もしくは規定時間の終了の何れか早い方とする
測定エリア プロはフェアウエイ幅以内で15ydのグリッドとする
※ロケーションが打ち下ろしの場合、グリッド幅を広げる場合がある
アマチュアは、フェアウェイ全体とする
有効計測 ボールの停止位置がグリッド内とする(グリッド外からグリッド内に停止したボールは有効計測とする)
※人工物(カート道等)の跳ね返りにより停止したボールは除く
※規定時間内に持ち球を打ち終えなかった(インパクトが出来なかった)球は測定外とする
最低計測飛距離 レギュラーツアー選手は250yd(境界線上のボールも含む)
レディースツアー選手は200yd(境界線上のボールも含む)
※悪天候等の場合は基準を引き下げる場合がある
気象条件の場合の対処法 競技の途中で降雨が激しくなった場合や、雷が接近している場合は競技を中断する
中断が長時間(1時間以上)に及んだ場合は、前日、もしくは翌日の記録をもとに順位を決める
※最終判断は大会会場にて行う
ギャラリー参加イベント
  • 無料飛距離アップレッスン開催
  • ギャラリーの飛距離測定会
  • 各メーカーによる試打会
  • コース代表 VS ドラコンプロによるドラコン対決
  • 地元ドラコンプロ VS 地方選抜オールスターによるドラコン対決
    ※会場によりイベント内容は変更になることがある

マナー編

マナー
PDA会員として責任のある言語行動を常に心がけ、ドラコン競技が発展していくことを目指しましょう
マナーはとても大切です
事務局が定めるところに従っていただけない場合、厳しく処分しなければならない場合もありますのでご注意願います
大会会場
ゴルフ場もしくは、そこに付帯する練習場等を使用する場合や、クラブハウス内の言語行動については十分に注意し、他人の迷惑にならないように気を付けてください
ゴルフ場の施設利用は、大会事務局とゴルフ場で利用可能施設が取り決めされていますので、事務局に確認してください
ゴミなどは大会指定のごみ箱か設置されていない限り各自持ち帰って下さい
タバコは所定の位置のみで喫煙して下さい
ティーインググラウンド
競技エリアは囲い表示されており、当競技選手以外は入ることができません
競技エリア以外の場所では事務局の許可がない限り、立ち入りを禁止します
競技終了後の自分で使用したティーなどは、可能な限り速やかに回収しましょう
ティーンググラウンド上で足を引きずって歩いたり、クラブを叩きつけるなどの会場を痛める行為は、競技失格や最悪の場合会員除名勧告にもなりかねません
注意してください
素振り
素振りを行うときは周囲に気を配り安全が確認できる場所で行いましょう
競技中の選手の近くでの素振りは、風切音など競技者の集中力に影響を与えてしまうこともありますので、控えましょう
会場によっては素振りのエリアが限定される場合があります
事務局の指示に従ってください
服装
ゴルフウェアー及びそれに準ずるものを着用してください
パンツ
長ズボンを着用
半ズボン、ジーンズ、カーゴポケットの付いたものは不可
※女子選手のスカート、半ズボンは許可する
(但しハイソックスとする)

お気軽にお問い合わせください TEL 092-915-7028 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人日本プロドラコン協会 All Rights Reserved.